スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハグロトンボ-実家で見かけた昆虫達

去年あたりから、実家脇の川でこのトンボを良く見かけます。調べたら、「ハグロトンボ」という種類のトンボでした・・・これって、水辺の環境が良くなっている証拠でしょうか?

ハグロトンボ

◆綺麗な写真と解説はこちらで。胃が痛いんで今日はこれまで。
●ハグロトンボ - Wikipedia

●ハグロトンボ-昆虫エクスプローラ


スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

新発田市・増水した加治川の様子と桜並木伐採の歴史・・・

加持です。
今日は大雨・集中豪雨、どこの川も水位が上昇しておりますね。

加治川の増水_20070629-a

今日(29日)お昼頃の新発田市・加治川の様子です。
堤防が無ければ付近一帯大洪水になりますね・・・。

加治川の増水_20070629-b

そんな事を考えたのは丁度、父の撮影した加治川洪水の時の写真を見ていたせいでしょう。
加治川の洪水は2度、昭和41年(西暦1966年)の7月17日と、翌年42年(西暦1967年)の8月28日に発生したそうです。

2年連続で発生した洪水の後、加治川の堤にあった20キロにも及ぶ「桜の並木」は、堤の改修工事の為、「全部」伐採されました・・・。理由は、「桜の老木の根が堤を弱くする」ということだったそうですが一方、噂話では「全部」伐採する必要は無かったという事を聞いています。
まあ今となっては、どちらが真実か判断出来ませんが・・・。

・・・ただその時に、「新発田市の貴重な観光資源」が永久に失われてしまった訳です・・・「全部伐採」・・・完全な環境破壊ですね。

なんか日本人(役人)のその場限りの勢いというか、「右倣え」思想というか・・・未来の自分自身の「子供達」の事を考え、「全部伐採」のような取り返しの付かない事をしないよう、行動してもらいたいものです。


・・・・今日はちょっと急性胃炎に罹って「ブルー」になっているので、余計な事を書いてしまいました。

あ、明日30日(土)から新潟市では「蒲原祭り」がありますね。気分転換に、この辺のお祭りの定番お菓子、「ぽっぽ焼き(蒸気パン)」でも買って来ますか・・・。

<2007/07/01 記事追加>
1966年7月17日の洪水の際、堤防決壊部分の写真を2枚追加します。
約40年前の写真なので補正して、コメント追記しておきます。

加治川水害196607-01

加治川水害196607-02

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

新潟・夏の音楽イベント-「新潟ジャズ・ストリート」と・・

加持です。今日の天候と温度、もう真夏ですね。
そういえば、新潟・夏の市民参加型「2大定番音楽イベント」のポスターが並んで掲載されている写真を撮影していたことを思い出しました(拡大画像あり)。

20070627152629.jpg

新潟ジャズストリート - Niigata Jazz Street
http://www.niigata-jazzstreet.com/

■7月14日(土)、15日(日)新潟市内23会場で開催。
★加持からの補足:新潟県在住のジャズを演奏するプロ・アマ入り乱れての一大イベントです。

日本海夕日コンサート
http://www.yuuhi.net/index.html

■出演/スターダストレビュー、元ちとせ、大江千里、jaja、夕日コーラスキッズ
■日時/平成19年8月11日(土)オープニングステージ17:30~、コンサート18:30~20:45
    【雨天順延】平成19年8月12日(日)17:30~20:10
■会 場/新潟市青山海岸特設ステージ
■入場料/無料(ただし、おひとり500円以上のキャンペーンへのカンパを呼びかけます。)

以上、公式HPより転載してみました。詳細は各HPを参照して下さいませ。

おっと、もう一つの「音楽イベント」は、まだ詳細掲載されていないようですが、こちらも転載しときます。

「今年の万代ジャズフェスティバルは8/4(sat)に決定!熱いステージで新潟の夏を盛り上げます!!詳しい内容については決定次第随時UPします。」

●万代シテイ新潟万代シテイは楽しいこといっぱい。
http://www.bandaicity.com/

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

新発田市(旧加治川村)・大天城公園の蛍(ほたる)

新発田市の大天城公園入口

加持です。昨夜は、新発田市(旧加治川村)の箱岩地区にある大天城公園を見に行って参りました。
携帯電話のカメラで(ほたる)を撮影出来るかという、無謀な試みを実施した結果がこれです(拡大画像は用意してません)。

新発田市・大天城公園の蛍1

乱舞とまでは行きませんが、2~5匹単位で木に止まり、淡い緑の光を放っていました。

新発田市・大天城公園の蛍2

実は、数匹が止まっている木も撮影してみたのですが、携帯ではうまく写らなかったです・・・。

新発田市・大天城公園の蛍3

飛んでいるも撮影したのですが、これまたうまく写りませんでした、無理だっちゅーの(←古い言い方?)。

・・・こうして写真だけ見てると漫画家・漆原友紀さんの「蟲師」映画版が思い出されるのは・・・何故だろう。


新発田市(旧加治川村)にある「大天城公園」の情報は、こちらで確認して下さい。なお、私の行った前日には「第8回ほたるの夕べコンサート」が開催されたようです。

●にいがた蛍情報
http://www.niigata-kankou.or.jp/hotaru/k07.html

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

2007年初めての弥彦神社参拝

加持です。今日は晴れましたね。これで本当に梅雨なんだろうか・・・。

今週の水曜日(20日)の午後、仕事の都合で三条燕方面に出かけたので帰りに今年初めての、新潟県の一の宮「弥彦神社」参りに行ってきました。

丁度山に太陽が掛かる時間帯でもろ逆光ですが、まるで神社に後光(?)が差し込むような感じになったので良しとしましょう(画像クリックで、大きくなります)。

弥彦神社(新潟県)


次の二枚は、門脇の狛犬さん達です。
1枚目の狛犬さんは口を開いているので阿(あ)、2枚目の狛犬さんは口を閉じているのでが吽(うん)でしょうか?神社仏閣の知識はすぐ出てこないのが悔しいですが・・・・。

弥彦神社の狛犬(あ)

狛犬の色が違うのは光の当たり方が違う為で、吽(うん)の方はもろ光が当たってますし、「オレンジの光」が被ってますね。何の光だろー(不思議・・・)。
弥彦神社の狛犬(うん)

弥彦神社」に関する詳しい情報はこちらで。「ライブカメラ」で現在の弥彦神社の様子も確認出来ますし、最近は各所に無線LAN(FREESPOTを設置したりして便利になってきているようです。

●弥彦観光協会【弥彦浪漫】
http://www.e-yahiko.com/index.htm


・・・ああ、弥彦神社付近の地図を見て思い出しました・・・弥彦神社から数キロ離れた所に「国上寺」というお寺があるんですが、そこはあの「酒呑童子」ゆかりのお寺でしたね。
酒呑童子」が越後生まれだと言う事を知っていました?私も雑誌で知ったんですが・・・。

●越後最古の名刹くがみ山 国上寺(國上寺) 公式サイト
http://www.kokujouji.com/

酒呑童子 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E5%91%91%E7%AB%A5%E5%AD%90

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

新潟の餅菓子(笹団子、三角ちまき)

加持です。最近は寒暖が激しくて服装の選択に困りますね。
あと最近、外人さんが「ユルいコメント」を残してくれますが、スパム加減が微妙なので削除に・・・躊躇しております。


今日も思いつくまま、新潟の素朴な餅菓子(?)、笹団子三角ちまき(以下、画像は商品リンク)を紹介してみます。しかし「笹団子」、新潟県外の人は知らない人が多いかも・・・。


笹団子三角ちまきも、駅や上越新幹線の車内販売などでお土産として売られてますね(確か)。

が、私の実家の近所の農家では、年に数回?お家毎に作っていますので、田舎の「自家製お菓子」の一つでしょう。
まあ笹の葉で包んだり、結構手間が掛かるので、作らない家庭が増えてきてますけどね・・・・(~~)。


まずは笹団子

越後名物笹だんご20個入り 産地直送 新潟県産
笹団子は、ヨモギ入りの餅の中にアンコを封入し、それを3枚程度の「笹の葉」で包んだ餅菓子で、笹を縛っているのは藁です。笹の香りが付いたヨモギ餅ですかね。
食べる時は、「笹の葉」をバナナの皮みたいに剥きながら食べます。あ、生菓子なので、早めに食べましょうね。


次に三角ちまき

[産直新潟県]越後名物三角ちまき 15個入り
これは、蒸しあげた餅米を三角おにぎり風に形を整え、笹の葉で包んだものです。
笹団子同様、食べる時は笹の葉を剥きます。
普通、味は付いていないので、お好みにより「きな粉」や「醤油」を付けて食べます。

どちらも日数がたつと固くなるので、そんな時は「電子レンジ」か「蒸し器」で暖め直します。
保存する場合は、冷凍庫で凍らせ、食べるときに解凍しましょう。


テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

新潟の酒のお話(鶴の友、ふなぐち菊水)

加持です。小雨ぱらつき、ようやく梅雨らしくなってきましたね。



・・・今日は新潟の地酒について思いつくままお話します。

毎朝、新聞をボーっと眺めていると、「関東信越国税局」が主催する「関東信越国税局酒類鑑評会」なるものの結果発表が掲載されていることがあります。
なんでも審査は「常温審査」と「燗審査」の2部門があり、それぞれの入賞銘柄が新聞の1面ぶち抜きで掲載される訳です・・・・。

ここにお気に入りの地酒の銘柄が載っていると、なんとなくうれしくなってしまいますが、ついこの前の新聞でも、新潟市の新潟大学キャンパス近く、内野地区の樋木酒造(株)さんが造る「鶴の友」が掲載されておりました。



鶴の友」、この酒は製造量が結構少ない(と私は聞いた)上、蔵元さんのご意向で、特定の酒屋さんにしか卸さない、というお酒だ!と某酒屋さんから聞いたことがあります。

なので、お酒の量販店、スーパーでは入手不可。新潟でも新潟市内の酒屋さんで直接購入するしか無いと聞いていたのですが・・・・奇跡が起こったようです・・・・楽天で売ってる!!!!!!(ナンデだー!!!!)

不思議です(今でも信じられない)。多分、酒屋さんが一生懸命蔵元さんを説得したのでしょうね。

良心的な価格ですので、「お酒呑み」の方は、一度お試ししてみてはいかがでしょう(画像が商品リンクになっております)。


鶴の友 上白 1800ml


鶴の友 別撰 1.8L
【余談】
私の友達の地元は、「緑川」「八海山」などの超有名銘柄の蔵元がある所ですが、いつもうまい酒をガブ呑みしている(うらやましい)彼らにお土産でこの「鶴の友」を持っていくと非常に喜ばれます。

彼らは、喜んで「八海山(画像は商品リンク)」と交換してくれます。


ちなみに「鶴の友」、酒類鑑評会でも高確率で入賞、常連さんです・・・・地元新潟でも入手は困難ですが、探すだけの価値はあります。


もう1銘柄を。実家の近くにある酒蔵さん、菊水酒造(株)さんの「ふなぐち菊水(画像は商品リンク)」を・・・。
これから旅行シーズン、観光バスを利用する場合は、コストパフォーマンス抜群な「ふなぐち菊水」を持っていかれると良いですよ(飲ませると、すぐ酔っ払う)。


【日本酒】【新潟地酒】【しぼりたて】【菊水酒造】ふなぐち菊水一番しぼり 3本詰


●おまけ●
新潟の酒の情報は、こちらのサイトでも確認出来ます。


新潟淡麗倶楽部
http://www.niigata-sake.or.jp/index.html

にいがた酒の陣2007 オフィシャルサイト(イベントは終了しました)
http://www.niigata-sake.or.jp./html/index.html

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

初夏の木漏れ日と猫-新潟市内の公園にて

加持です。梅雨が長い休みに入ったとかで・・・暑いですね。なので、公園で撮影した涼しげな画像をどうぞ。

万代・初夏の木漏れ日

ついでに「野良猫と鳩」。
餌に夢中な猫は、鳩に無関心なのが可笑しい。

新潟市内の猫-万代編

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

新発田市の五十公野公園あやめ園、咲き始め

加持です。今日は梅雨の合間の快晴ですね。吹き抜ける風が心地よいです。

6月も中旬に差し掛かった数日前の朝、時間があったので新潟市の隣、新発田市(しばたし)の五十公野(いじみの、と読む)公園あやめに寄ってみました。
 しかし、知らない人は読めない地名ですね。あとこの公園、「日本四大あやめ」のひとつなんだとか・・・・。

五十公野のあやめ01

現在は、天候の関係で咲き始め。茎の緑だけが目につきます。★画像をクリックすると拡大版でご覧いただけます。

五十公野のあやめ02

近づいても、こんなもの。

五十公野のあやめ03

★一部咲いている区画(1)、列毎にあやめの名前を書いた札がありましたが、省略(笑)。実際に行ってご確認下さい。

五十公野のあやめ04

★一部咲いている区画(2)です。

お出かけの前に、あやめの開花状況を「新発田市まちづくり振興公社」で確認してから出かけた方がよろしいようですね。それではまたー。

●新発田市まちづくり振興公社のHP

~よろっと~しばた夏物語
しばた あやめまつり

●とき  平成19年6月12日(火)~7月1日(日)
●ところ 五十公野公園あやめ園


<付記>
 掲載されている画像、個人利用に限り転載は自由です。この程度のものでよければどうぞ(笑)。新発田市の観光をアピールしたい方、活用下さい。ただし、写真の著作権は放棄しませんが。また転載した場合、コメントいただけると助かります(念のため告知)。


テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

新潟も梅雨入り&萬代橋の桜の実

加持です。新潟は今日から梅雨入りみたいですね。
新潟日報の天気予報、夕方から雨の確率低かった筈なのに・・・・小雨模様(泣)。か・さ・忘れたー。

萬代橋付近の桜の実01

この前紹介した萬代橋付近のの木の実サクランボ)、この前通ったら結構大きくなっていました。写真奥は柳都大橋かな。 ★画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

萬代橋付近の桜の実02

何でも、実が黒くなると食べられるんだとか・・・・ただし、栽培されているサクランボでは無いので、味の保障はしませんが。
別のの木の実を食べた人の話ですと、渋いのではないかと・・・・ワイルド・チェリーの試食は止めてた方がよいみたいです。

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

10日(日)の稲の様子-新潟市北区(旧豊栄市)

加持です。今日も新潟の何気ない風景を・・・。

稲_20070610-01

10日(日)新潟市北区(旧豊栄市)某所での稲の成長具合はこんな感じです。
今の時期、田圃を眺めると、水面に景色や空が写りこんで綺麗です。

稲_20070610-02

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

路地裏の猫を見て北道正幸さんの「プ~ねこ」を思い出した。

新潟市内の猫達20070612

新潟市某所にて。仔猫(写真だと3匹ですが全部で5匹)の仕草が可愛かったのでつい一枚。拡大版も掲載しておきます。
写真中央奥には、仔猫を心配そうに見守る親が写っています。母のそば、『大丈夫かなぁ』て感じな顔の仔猫がかわいいですね。

★どちらの画像も、よく見えない方はクリック「拡大」してご覧下さいませ。

新潟市内の猫達-拡大

同時に仔猫を見つけ、近寄ってきた(見知らぬ)高齢のご婦人としばし猫談義に耽る・・・「近寄っても逃げませんね」「何処で餌見つけているんでしょうねー」「この仔猫、目の病気を罹っているみたいですね」とか・・・仔猫(仔犬)の話だと、結構喋れるものである(~~)。


しかしこの仔猫を心配そうに見守る親猫、講談社の月刊誌「アフタヌーン」で、北道正幸さんが掲載されているプ~ねこに出てくる猫に雰囲気が似ているなー。

あ、猫好きな方は、北道正幸さんのブログを覗いてみて下さい。
ブログを順番に眺めていると、北道さんが作成した猫の「携帯待受け」とか、猫の「ペーパークラフト」とかを入手できますよ。

blog_kita_banner1

「プ~ねこ」の作者、北道正幸さんのブログへのりんく(上はバナー)

この際なんで、漫画「プ~ねこ」も紹介しておきます。
ちなみにこの漫画、猫を使った時事ネタ満載の『風刺的ギャグ4コマ』です。内容に多少のスパイス(毒)を含んでおりますので、結構、好き嫌いがはっきりしているみたいです。

このテイストが好きな人(私も)は猛烈にハマルし、嫌いな人は批判的なコメントしがちになりますが・・・・北道さんの描く猫は、本当にうまいですし、実在感がありますよ。

プ~ねこ
プ~ねこ北道 正幸

おすすめ平均
stars最強の猫マンガ!!
stars評価分かれそう
stars真心をあなたに・・・
starsモコちゃん
starsお気に入りの頁は寝る前に何回も読んで夜中に一人で大笑いしてしまう。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1巻は「クスッ」とする4コマ満載ですが、カバーに掲載された「リアル猫」を使った、選挙ネタの4コマが特に秀逸。

プーねこ 2 (2)
プーねこ 2 (2)北道 正幸

おすすめ平均
stars猫4コマだけじゃなかったのが残念
starsこの本の猫描写にはただ一つ欠点がある!
stars猫好きにも、猫好きじゃない方にも…
stars理想の女の子
starsヒルダヌーン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2巻の4コマだと、よみすてネズミーランドのネズミドダック(笑)の話「微妙な王国」が、中国の某遊園地の話題とかぶり笑えます。

あと彩色前後のフィギュアをネタにした「美貌アフター」では、『色を塗るだけでここまで美しく変われる』という台詞の後に、世の女性までを風刺しかけて途中でうやむやにする(笑)台詞が笑えますね。あ、いや世の女性は綺麗な方がよろしいですよ、はい(一応フォロー)。

猫本
猫本こなみ かなた

講談社 2006-04-21
売り上げランキング : 75590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
チーズスイートホーム (3)
猫本(ねこもと)
チーズスイートホーム (2)
プーねこ 2 (2)
はぐはぐ (はぐはぐ2世誕生編)

単行本未収録「猫は猫づれノラはノラづれ」を収録。

北道さんが実家で飼っていた「ジロ」との出会い、勝手に家に侵入してくる「野良猫」達とのエピソードを読んでいると、ほのぼのとしてきます。では毎日暑いですが、明日もがんばりましょうね。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

蜂達も食事中-朝の豊栄PA

蜂たちも食事中

加持です。最近は外を車で移動すると様々な花木、昆虫達を見ることが出来るので、つい写真に撮ってしまいます。ちなみにこれは10日の朝に、豊栄PA(道の駅)で撮影したものです。

名前は調べ切れませんでしたが、黄色い花で小さい蜂達が食事している風景です。

この時期、新潟にいると写真ネタには困らないですね。でもそろそろ商品ネタ記事も書かんと・・・・。

テーマ : 野草・雑草
ジャンル : 写真

スコール&萬代橋付近の桜の木

加持です。週末の新潟駅周辺、夕方にスコールのような大雨
帰りを急ぐ皆さんずぶ濡れで、周囲に響き渡る悲鳴を上げていた(女子の)専門学生もいました。

萬代橋

昨日の昼は、豪雨の前のフェーン現象なのか、うだるような暑さでした。
そんな中、萬代橋の付近でおもしろいものを見つけましたので写真でご紹介します(★それぞれの画像はクリックすると拡大します)。

桜の木とサクランボウ?

この写真は、萬代橋より海寄りの桜の木です。聖籠町の果樹園ではありません(笑)。

緑の葉の間に所々、赤い実が見えます・・・桜の木の実ですから、「サクランボ」でしょうね。
桜の咲いている時期は、ミツバチが盛んに飛んでいましたから受粉したのでしょう。

萬代橋付近の桜の木の種類を検索出来なかったので詳細は判りませんが、どの位大きくなるか時間のあるときに確認したいと思っています。

<付記>
新潟駅に戻るときに立ち寄った万代シティの外れにポツリと点在していた「真電 新潟本店」では、閉店セールを行っていました(今月中に閉店?)。
ネット販売と大型郊外店に押されたのでしょうか?地元の家電販売店が無くなっていくのは寂しいものです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

束の間の無断(笑)同乗者-新潟市北区藤寄にて

豊栄のカメノコテントウ01

この前の日曜日(3日)、新潟市北区(旧豊栄市)藤寄の7号線東港IC付近にて。
信号待ちの車のフロントガラスに、なにやら赤い物体が・・・・(★画像をクリックすると、拡大します)。

豊栄のカメノコテントウ02

車を降りてみたら、馬鹿でかいテントウムシが乗っていました。
背中の文様も、見慣れないか・た・ち。スピード上げても離れないので、車を止めて飛び立つまでしばし休憩となりました。

ネットで調べると、『テントウムシ亜科』に属する『カメノコテントウ』という種類のテントウムシだと判明。なんでも日本で最も大きいテントウムシなんだとか・・・・。

↓参考サイト。写真が綺麗なのでリンクしておきます。
カメノコテントウ

しかし、主にに生息するテントウムシが道路に出てくるとは・・・・新潟市北区(旧豊栄市)にはまだ自然が残っている証拠でしょうね。

★いつも携帯のカメラで写真撮っているので、ボケボケなのは勘弁して下さい。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

JR長岡駅新幹線ホーム手前にて

JR長岡駅内の火焔土器レプリカ

1日(金)。急遽、長岡市に行く羽目になった・・・・。

改修中の駅内に「火焔(式)土器」がディスプレイされていたので、いつもは封印している(笑)古代遺跡好きの血が騒いで・・・つい写真まで撮ってしまいました。

確か本物は、「遮光式土偶」などと一緒に国立博物館に収納されていたのでは・・・・新潟からも、教科書に載るくらい重要なものが出土しているんですよ。
下に写っている説明文は、岡本太郎氏のコメントらしいです(よく見て来なかった)。

レプリカ眺めていたらふいに、秋田と青森へ(古代)遺跡巡りの旅に出かけたくなりました・・・あぶない、あぶない。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

新発田市道賀(どうが)はアスパラの産地でした。

新発田市道賀のアスパラ01

加持です。★写真は拡大写真にリンクしております。
この前、桜の写真を撮りに行った加治川のすぐそばで、見慣れない農作物があったので、気になり近くまで見学してきました(野次馬・・・)。

新発田市道賀のアスパラ02

つい最近の「新潟日報」で写真入り、新発田市道賀(どうが)でアスパラガス栽培・・・・という記事があったので気になっていたんのですが、まさか、こんなに長い(笑)アスパラガスを栽培していたとは。

普通、スーパーでは長さ30センチ位のアスパラしかお目に掛かれないのでびっくり。
近くに農家の方がいない様子だったので、無断で中に入る訳にいかず、近接撮影は出来なかったのは残念でした。


いまや新潟県内では、新発田市がアスパラの生産高で一番だそうです。
遠くで見る限り長さ80センチはあろう、たけのこ並みに伸びた「アスパラガス」。
なんか違和感が拭えん・・・・。

野菜は実物を見てみないとわかんないものです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

月岡温泉・五頭温泉郷のおぼろとうふなどを・・・・。

5月26日頃の稲

加持です。
今日から男性諸氏には嬉しい「衣がえ」の日なんですが、新潟の朝は曇り空が広がっております。

写真はこの前の日曜日に撮影してきた稲の様子。やっと根付いた位でしょうか?(クリックすると拡大します)
場所は、新潟市の「福島潟」から新発田市の「月岡温泉」に向かう途中ですね。


・・・この近くには山沿いに沢山の温泉があります。

まずは、「美人になれる湯」として知られる月岡温泉。確かに新潟には肌の綺麗な女性が多いですね。

●リンク●もっと美人になれる温泉 月岡温泉


もうちょっと奥には、五頭(ごず)温泉郷と言われる温泉が点在しております。
前に書いた、五頭温泉郷付近の記事

●リンク●山里の秘湯 癒しの五頭温泉郷 -ごずおんせんごう-


ちなみに私が「日帰り温泉に行きたいなあ」という時、よく通っていた所が「村杉温泉薬師の湯」です。小さいところなんで、休日は駐車場が満杯になってしまう事もありますので、ご注意を。

●リンク●村杉温泉薬師の湯


近くには、「おぼろとうふ」で有名な「川上とうふ」屋さんがあります。私は結構好きです。とうふの濃い味と素朴な感じがなんとも・・・。
お店に行くと確か、お店のおねーさん(と書いておく)がもれなく「試食のとうふ」を持って来てくれますし、「おから」も無料でもらえたりします。

●リンク●川上とうふ

最近、新潟の気の利いた飲食店(特に居酒屋)では、川上とうふの「おぼろとうふ」をメニューに加えている所が多いので、新潟にお出かけの際は、日本酒と一緒に、「おぼろとうふ」を食べてみて下さい。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

kajiakira

Author:kajiakira
加持顕(かじあきら)、新潟在住。
新潟の自然・風景、趣味の音楽気になった記事・時事ネタなどを紹介しています。
たまに、加持が情報を入手した「面白い商品」情報もご紹介したり。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
加持顕@新潟JAZZ界隈
@kajiakiraのツイート
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールでのお問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

ネットでアウトレット!

ビッダーズでお買い物【ストックバスターズ ビッターズ店】

ストックバスターズ ビッターズ店



天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
RSSフィード
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。