水と土の芸術祭2009-彼方の水位線(鳥屋野潟公園内)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

 

蛇足ですが今年、新潟の夏はいつから始まったのでしょうか・・・・。

気象庁は、梅雨入り時期は、特定出来ないとか言い出すし(苦笑)。

 


で(笑)、鳥屋野潟に面する新潟県スポーツ公園内に、自然生態園という場所があります。
自然生態園ビジターハウスの付近に、石山和広さんの作品『彼方の水位線-the far watermark』が展示されております。

 


作品は沼地を先頭に、鳥屋野潟脇の遊歩道付近まで伸びており、遊歩道側からも鑑賞することが・・・。

 

 

公式ページの解説は次の通り・・・・。

石山和広 / 彼方の水位線-the far watermark
古い水位標示木、木杭など、水位の跡が残る木材を、現存する海抜ゼロメートル以下の沼地に円を組んで設置。

art08 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009
 

 

スポンサーサイト

水と土の芸術祭2009-CIRCULATION(鳥屋野潟公園内)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

今回は鳥屋野潟に面する新潟県スポーツ公園内のはずれ、駐輪場そば、です。

ここに、丹治嘉彦(Yoshihiko Tanji)さんと橋本学(Manabu Hashimoto)さん
の作品『CIRCULATION』が展示されておりました。

 

 

公式ページの解説は次の通り・・・・。



丹治嘉彦+橋本学 / CIRCULATION


濃川、阿賀野川、日本海で漂着している流木を、市民参加で拾い集め、植栽を施して彩を添える。



art51 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009



※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。



日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009


水と土の芸術祭2009-地球と握手 とやの潟の呼吸(鳥屋野潟公園内)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

 



今回の展示場所は、鳥屋野潟のそば。
鳥屋野潟に面する新潟県スポーツ公園内、多目的芝生広場です。
奥に見えるのは、サッカーJ1・アルビレックス新潟のホームスタジアムとしても有名な、東北電力ビックスワン・スタジアム。

 


こちらの公園内に、松宮喜代勝(Kiyokatsu Matsumiya)さんの『地球と握手 とやの潟の呼吸』が展示されております。
公式ページには『地球と握手 新潟からの発信』となっておりますがさて、どちらが正しいのでしょうか?
 

 

公式ページの解説は次の通り・・・・・。

 

松宮喜代勝(Kiyokatsu Matsumiya) / 地球と握手 新潟からの発信
ワークショップ参加者が泥を握ったオブジェを制作。それを素材に、インスタレーションを展開。

art25 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009



※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009
 

 

 

水と土の芸術祭2009-Trieb-氾濫(江南区亀田水道町)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

江南区亀田水道町にある『水と土の芸術祭市民サポーターズ会議事務局【みずっちたんく】』。
事務局の真横にある作品が、遠藤利克さんの『Trieb-氾濫』です。

お盆、雨降るしきる時間帯に訪問したので迫力満点でありました。
 

 

公式ページの解説は次の通り・・・・。

 

遠藤利克 / Trieb-氾濫
廃止された浄水場を再開、逆流させる。新潟の、愛憎交錯する水への感情と、情念の氾濫に向けて

art04 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009
 

 

ついでに訪問時の動画を『You Tube』にアップしましたので、ご覧下さい(笑)。

 

 

 

 

※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009
 

 

水と土の芸術祭2009-明後日朝顔 NIIGATA 2009(江南区亀田水道町)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

江南区亀田水道町にある『水と土の芸術祭市民サポーターズ会議事務局【みずっちたんく】』。
大粒の雨が降りしきる中、事務局の外に展示される二つの作品を閲覧してまりました。

まずは、日比野克彦さんの『明後日朝顔 NIIGATA 2009』。
8月お盆頃訪問時した際には、丁度、綺麗な朝顔が咲いておりました。
 

 

公式ページの解説は次の通り・・・・。

 

日比野克彦 / 明後日朝顔 NIIGATA 2009


莇平・明後日新聞社発のDNAを受け継いだ朝顔が,古着で編んだロープを伝ってタンクを覆う。



art06-2 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。



日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

水と土の芸術祭2009-栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。(東区南紫竹1)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

東区南紫竹、国道7号線すぐそばにある旧跡『栗ノ木排水機場』。

日本の磯辺行久さんによる『栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。』

が展示されております。

 

な、長いですなタイトルが(笑)。

 

 

公式ページの解説は次の通り・・・・・。

 

磯辺行久(Yukihisa Isobe) / 栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。


かつて芦沼と呼ばれた地を排水し、農業基盤に変えていった旧排水機場の遺構の一部を掘り出す。



art9-3 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。



日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

蓮の花-瓢湖(新潟県阿賀野市)

『You Tube』に、蓮の花で綺麗な瓢湖の様子をアップしました。
編集なし、撮影したまんまの映像です(笑)。

瓢湖の蓮-20090824


阿賀野市にある『瓢湖』は、新潟県下有数の白鳥飛来地として有名 な所。
また瓢湖は2008年(平成20年)に、ラムサール条約登録にも 登録されました。

先日、その瓢湖へ訪問したところ、蓮の花が綺麗に咲いていたので 撮影してみました。



あえてBGMも何もつけておりませんが8月、風が強かった日の瓢湖の様子をご覧下さい。

テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

水と土の芸術祭2009-INTERVALS(東区南紫竹1)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

東区南紫竹、国道7号線すぐそばにある旧跡『栗ノ木排水機場』。

 


こちらにはフィンランドのマーリア・ヴィルッカラ(Maaria Wirkkala)さんの『INTERVALS』が展示されております。

水面の代用として、やや湾曲している自動車のフロントガラスを敷き詰めておりますね。
ガラスで、水面が穏やかに波打つ様を表現しているようです・・・・。

 

 

公式ページの解説は、こんな感じっす。

 

マーリア・ヴィルッカラ(Maaria Wirkkala) / INTERVALS


かつて水面であった個所に自動車のフロントガラスを敷き、「水の記憶」が蘇る風景を出現させる。



art24 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009



※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。



日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

水と土の芸術祭2009-Fifteen Degrees South' (西蒲区福井)製作中

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中です。

 

今回は岩室温泉に程近い西蒲区福井の集落内にある作品を。

海岸方面に抜ける国道460号線沿い、船山神社の境内脇にありました。

 

 

『Fifteen Degrees South' (Tears of my Father)』は、アイルランドのクイビーン・オフラハラ(Caoimhghin O'Fraithile)さんの作品。

訪問時(8月10日あたり)にはまだ制作途中であったらしく、作業の方が慌しく動き回っておりました。

 

指定された駐車場の側には、クイビーン・オフラハラさんの制作拠点があるらしく、帰り際、ちらっ(笑)とクイビーンさんらしき姿を見ることが出来ましたよ。

 


公式ホームページによると、15日に完成お披露目があった模様。


ついでに(笑)地図を確認すると、付近には新潟ゴルフ倶楽部、福井酒造(峰乃白梅)、福寿温泉じょんのび館などがあります。


行楽がてら、会場に立ち寄ってみて下さいませ。
 

 

公式ページの記載はこんな感じです。


クイビーン・オフラハラ(Caoimhghin O'Fraithile) / Fifteen Degrees South' (Tears of my Father)
山麓の沢から清新な湧き水が集まる里山の湿地に、市民、地域住民と協働で構築物を組み上げる。

art02 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009



※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

水と土の芸術祭2009-岬(南区鷲ノ木新田)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

 


南区の三川合流地点(鷲ノ木新田5449付近)、農林水産省の白根排水機場そば。
『未来』の隣に、当蔵アトリエによる『岬【The Cave】』が展示されております。

 

 

前回も記載した通り、農林水産省の白根排水機場横の『関係者以外立入禁止』の看板を越えて進みます。
作品鑑賞の場合に限り、通過出来ますので・・・・・。

・・・・えーっと見たところ、アマガエルさんは居ないようでした(泣)。

 

 

公式ページによる解説は次の通りです・・・。

 

当蔵アトリエ / 岬(みさき)
田んぼ、池など、アマガエルの繁殖場となる水場に、石彫りによるカエルのための舞台「岬」をつくる。

art52 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009
 

 

水と土の芸術祭2009-未来(南区鷲ノ木新田)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中でし。

今回は南区(旧白根市)、農林水産省の白根排水機場そばにある作品。
日本の渡部彦夫(Hikoo Watabe)さんの『未来【the Future】』です。
 

 

大雑把な位置は、新潟ふるさと村方向から三条方面に向かい、国道8号線の下塩俵交差点を左折。
南区の三川合流地点(鷲ノ木新田5449付近)で、鷲ノ大通川が二つに分岐する所です。

 



農林水産省の白根排水機場の構内(?)にあるらしく
作品展示場所には、『関係者以外立入禁止』の看板を越えて進みます。
作品鑑賞の場合、もちろん通過出来るので・・・・・。

 


公式ページの解説は次の通り・・・・。

渡部彦夫(Hikoo Watabe) / 未来(みらい)
古代ギリシャの神殿を想わせる土の柱を16 本立て、新潟の歴史と未来を表現。

art58 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

水と土の芸術祭2009-地の石(南区山崎興野)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。


前回に引き続き、南区(旧白根市)のアグリパーク用地に展示してある作品を。

『地の石』は、南区山崎興野の田圃(アグリパーク用地)に展開する作品群の一つ、日本の大久保英治さんの作品。


 

<公式ページの解説より>

 

大久保英治(Eiji Okubo) / 地の石(Stones on the Ground)
田園風景の中に古代遺跡を彷彿させる物見台を設置。足元に古代集落遺跡の発掘現場を再現。

art37 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009



※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

水と土の芸術祭2009-Sound of Harvest(南区山崎興野)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

今回は、南区(旧白根市)のアグリパーク用地に展示してある作品を。

国道8号線からだと、上塩俵交差点で新津方面(北部工業団地があるほう)に曲がります。
大通川橋を渡り、すぐの田圃に展開する作品群の一つが『Sound of Harvest』。
インドネシアのダダン・クリスタント(Dadang Christanto)さんの作品です。

 



住所表示を確認すると東笠巻新田というより、山崎興野のような・・・。
隣の用地には『地の石』と『泥花プロジェクト』が展示されております。


訪問した日は風がなかったので動画を撮影しませんでしたが、機会があれば撮影しようと思ってます。


<公式ページの解説より>


ダダン・クリスタント(Dadang Christanto) / Sound of Harvest
インドネシアの田圃で見られるカラクリ風車1000本を設置。風車の人形は住民と一緒につくった。

art03 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

 

水と土の芸術祭2009-「水」と「土」と(西区・内野山手)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中・・・。

 

 

さて、今回の作品はわたくしの母校、新潟大学の付近に。
まず新潟大学前の道路を、そのまま真っ直ぐ新川へ向かいます・・・・。
で、新川大橋のたもと、新川斜面緑地にある作品が『「水」と「土」と』です。

 



作品の展示会場は、新川沿いに内野駅方面から向かうと分かり易いかな。

で作品に関してはわたくし、何だか理解出来ないのでコメントなし(苦笑)。
併設の解説文読んでも何とも。新川大橋から見下ろすと、理解出来るのかなあ?

 



霜鳥健二+内山玉延 / 「水」と「土」と
「水」は鉄を、「土」は大地そのものを用い、各々の文字の持つ背景や意味を表現している。

art43 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

 

水と土の芸術祭2009-The River Paradox(西区槙尾・西川水路橋)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

こちらは国道116号線、槙尾交差点すぐ側にある作品展示場所、
「新川-西川立体交差(西区槙尾・西川水路橋)」。

 


上の川が西川、下は江戸時代に掘削して造られた放水路、新川です。


ちなみに、この掘削工事は、徳川幕府第11代将軍、徳川 家斉(いえなり)
の時代、文化15年(1818年)に着工し、文政3年(1820年)に完成した
そうです・・・江戸時代にこんな凄い土木工事が実施されたんですね。

 


で(笑)、川の中ほどにある物体が多分、作品『The River Paradox』でしょう。

 

フランスのアーティスト、ジャン・リュック・ヴィルムート(Jean-Luc Vilmouth)
さんの手によるものらしいですが、近寄れないので何だか良く分からん(苦笑)。


なお、展示会場付近に駐車場はありませんのでご注意を・・・・。

指定された駐車場からだと、かなり歩くことになりますので内野地区を
散策するついでに見学、と言った気持ちで会場に向かいましょう。


ジャン・リュック・ヴィルムート(Jean-Luc Vilmouth)/ The River Paradox
川が立体交差をする場所で、水路橋の模型がボートのように西川を移動する。模型は夜になると光る。

art11 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009
 

水と土の芸術祭2009-物質/水/自然が再生し繋がっていく土地(西区・赤塚)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。
 


こちらは西区・赤塚、佐潟の砂丘畑の真中にある作品です。
作品周りの砂丘は一面、タバコ畑・・・・何度か道に迷いながら到着。

 

 

夕暮れ直前に辿り着いたので、夕暮れをバックになかなか趣のある写真が撮影出来ました。
山側の空には、赤みを帯びた綺麗な虹がかかり、何ともロマンテックな光景・・・。

 

 

北川貴好 / 物質/水/自然が再生し繋がっていく土地
土を詰めた古タイヤで構成される円形状の場所と、空き缶を連結してつくる水に浮かぶ島と噴水。

 

 

art16 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記ホームページを参照願います。



日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

 

水と土の芸術祭2009-Funauta/Sailor's Song(西区赤塚・佐潟)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

 


新潟市西区赤塚にある、ラムサール条約湿地でもある「佐潟」。
 

 

こちらにはイスラエル、オランダの作家、ラム・カツィールさんの

 

『Funauta/Sailor's Song』が展示されておりました。

 

 


展示場所では、虫取りをする親子の微笑ましい姿も・・・・。

 

 

ラム・カツィール(Ram Kazir) / Funauta/Sailor's Song
湖周辺の樹が、地域の伝統的な木造船とともに水上に現れ、「水」と「土」の新たな風景をつくる。

 

art39 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009


新潟市-ラムサール条約湿地「佐潟」

 

水と土の芸術祭2009-海抜ゼロ・工事中(西蒲区・上堰潟公園)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

西蒲区松野尾にある上堰潟公園。こちらには『海抜ゼロ』という作品が
あるらしいですが・・・いくら探してもそれらしいものは見つからず。

ようやく辿りついた場所を良く眺めると、工事中でありました(泣)。
なお訪問日は7月25日(土)夕方であります。

 

 

立看板に、『工事中につき作品鑑賞出来ません』くらい書いてくれても
いいのではないだろうか・・・・・新潟市さん、不親切すぎである。

 

途中の案内看板も判り難いと言うのに・・・・・ようやく辿り着いで、これじゃあなあ。

 

 

 

土屋公雄APT 田原唯之、木村恒介 / 海抜ゼロ
湿地の水の中に張り出した通路を通じて、その先端で海抜ゼロメートルの世界を再現し、体験する。

art54 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009
 

 

上堰潟公園-新潟市
 

 

水と土の芸術祭2009-水見台団地・水抜き通り(西蒲区・栄)

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

 


今回は西蒲区(旧巻町)、岩室温泉にもほど近い『矢川-大通川立体交差(大通川放水路)』
にある作品『WATERPOLIS Niigata Project 2009 水見台団地・水抜き通り』です。



川岸沿いや、橋に写真が展示されておりますね・・・・。

 

 

公式ブログ『水と土の芸術祭ブログ』を拝見すると、この川岸に展示された写真は

「水をすくう手」、「土をすくう手」と言うらしく、実際の写真撮影は、都合2回行わ

れた模様・・・・。

●2009年05月16日(土)午後02時~05時、市民プラザ(NEXT21ビル6階)
●2009年05月17日(日)午後02時~05時、「みずっちたんく」


なお写真撮影を行ったのは、鹿児島在住の児玉龍郎さんだそうです。

 

 

公式ページにある解説は次の通り・・・・。

池田一 / WATERPOLIS Niigata Project 2009 水見台団地・水抜き通り
市民参加による「水の手」「土の手」の写真と「水見台」を設置。各々が、水と土の物語の担い手になる。


art07 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009
 


※詳しい情報は下記公式ホームページ、サポートブログを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009

水と土の芸術祭ブログ「地図にない湖の真ん中から」
 

 

<おまけ>

 

ついでに、周辺の観光案内も・・・・。

まず付近(新潟市西蒲区福井)には、『福寿温泉 じょんのび館』が。

 

新潟で生まれた地ビール第一号、エチゴビールで有名な上原酒造(株)

のビール醸造工場と、『ブルーパブエチゴ』があります。

 

岩室温泉、弥彦神社、弥彦競輪場、弥彦温泉と観光・温泉施設がひしめく

この地区、高速料金もお安くなっておりますので是非ともお越し下さい。

 

 

天然の湯 福寿温泉 じょんのび館

エチゴビール/ホームページ

プロフィール

kajiakira

Author:kajiakira
加持顕(かじあきら)、新潟在住です。
新潟の自然・風景、趣味の音楽や、気になった記事・時事ネタなどを紹介しております。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
加持顕@新潟JAZZ界隈
@kajiakiraのツイート
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールでのお問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

ネットでアウトレット!

ビッダーズでお買い物【ストックバスターズ ビッターズ店】

ストックバスターズ ビッターズ店



天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
RSSフィード
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター